未分類

SlowNews 利用規約

投稿者:
投稿日:

この SlowNews 利用規約(以下「本規約」といいます)は、スローニュース株式会社(以下「当社」といいます)が「SlowNews」の名称にて提供するサービス(以下「本サービス」といいます)の利用条件を定めるものです。本サービスの利用者(以下「ユーザ」といいます)は、本サービスの利用により本規約が当社とユーザの契約内容となることに合意し、本規約および当社が別途ユーザに提示する諸規程(以下「本規約等」といいます)を遵守しなければなりません。

第1条(本サービスの概要)

1. 本サービスは、当社が本サービスで配信する電子書籍、記事、動画、作品等(以下「コンテンツ」といいます)を有料又は無料で閲覧できるサービスです。

2. 本サービスは、当社が日本国内で提供するものです。

3. 当社は、本サービスで配信するコンテンツを、ユーザに対して事前に通知することなく、随時追加し、または削除することがあります。当社は、本サービスで利用できる特定のコンテンツや最低コンテンツ数、またはコンテンツの配信期間を保証するものではありません。ユーザは、本サービスで配信されているコンテンツが、当社の任意の判断で本サービスにおいて利用できなくなる可能性があることに、同意するものとします。

第2条(定期購読契約の成立等)

1. 定期購読(当社が定める利用料をお支払い頂くことで、無料では閲覧できないコンテンツを閲覧することができる読み放題サービスで、以下「定期購読」といいます)を希望するユーザは、あらかじめ、アカウント登録および料金支払方法の登録を行う必要があります。

2. 定期購読の申込みは、当社所定の方法により、本規約等に同意の上で行うものとします。なお、未成年者が定期購読の申込みを行う場合は、親権者の同意を得ておく必要があります。

3. 定期購読の申込みにあたり、ユーザは、以下の事項を誓約するものとします。

(1)真実、正確かつ完全な情報を提供し、かかる情報の変更が本サービスの利用期間中に生じた場合は、速やかに登録情報の変更を行うこと。

(2)定期購読の申込みの時点および本サービスの利用期間中において、ユーザが反社会的勢力(暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋、社会運動標ぼうゴロ、政治活動標ぼうゴロ、特殊知能暴力集団およびこれらに準ずる者ならびにこれらの者と密接な関わりを有する者をいいます)に該当しないこと。

(3)ユーザが料金支払方法の登録において指定したクレジットカードが自己のものであること、または、定期購読利用料当該クレジットカードを使用する有効かつ正当な権限を有すること。

(4)その他、ユーザにおいて定期購読の申込みを有効かつ正当に行うことを妨げる事情がないこと。

4. 当社が、当社所定の方法により定期購読の申込みを承諾した場合、ユーザと当社との間で本規約等に基づく定期購読に関する契約が成立するものとします。

5. 当社は、定期購読の申込みを行ったユーザが、下記のいずれかに該当し、または該当するおそれがあると当社が判断した場合、かかる申込みに対して承諾を行わない場合があります。

(1)当社または当社の関連会社が提供するサービスにおいて、その定める規約等に違反したことがある場合

(2)申込みの内容に、真実、正確または完全ではない情報が含まれている場合

(3)定期購読の申込みまたは本サービスの利用において、当社所定の手続に従わない場合

(4)その他、定期購読の申込みまたは本サービスの利用が不適当である場合

第3条(利用期間と自動更新)

1. 定期購読の当初の利用期間は、前条に基づいて定期購読に関する契約(以下「定期購読契約」といいます)が成立した時点から1ヶ月間(当社が別途定める無料お試し期間が適用される場合には、当該無料お試し期間が満了する時点まで)です。当初の利用期間が満了する時点までにユーザが当社所定の手続に従って定期購読契約を解約しない場合、定期購読の利用期間は自動的に1ヶ月間更新されるものとし、その後も同様とします。

2. ユーザは、定期購読の利用期間の自動更新を停止して定期購読契約を解約したい場合は、当社所定の方法により、解約の申出を行うものとします。解約については第●条をご参照ください。

第4条(料金)

1. 定期購読の料金(以下「定期購読利用料」といいます)は、本サービス内に表示します。

2. 定期購読利用料は、定期購読契約が成立した時点(当社が別途定める無料お試し期間が適用される場合には、当該無料お試し期間が満了した時点)(以下「初回課金時」といいます)に最初に課金され、初回課金時が属する月の翌月以降は、初回課金時の各応当日時に課金されます(定期購読利用料が課金される日を、以下「課金日」といいます)。但し、たとえば、初回課金時が属する日に対応する日が特定の月にない場合は、課金日がその月の末日等に合理的に変更されることがあります。

3. 当社が別途定める無料お試し期間中に定期購読契約を解約した場合は、定期購読利用料は発生しません。

4. ユーザは、利用期間中、いつでも、本サービス内で、定期購読利用料の支払方法および次回の支払予定日を確認し、または料金支払方法で指定したクレジットカードを変更することができます。

5. ユーザが、定期購読利用料その他の当社に対する支払いを遅延した場合、当社はユーザに対し、年利14.6%の遅延利息を請求することができるものとします。

6. 定期購読利用料の返⾦は、いかなる場合においても⾏われません。たとえば、ユーザが定期購読契約を解約した場合でも、既に課金された定期購読利用料の返金は⾏われません。

7. 定期購読利用料の支払いは、主要なクレジットカードによる決済その他の当社所定の方法により行うものとします。クレジットカードによる決済については、以下の定めに従うものとします。

(1)ユーザのクレジットカードに係るクレジットカード会社が加盟契約等において債権譲渡方式を採用している場合、ユーザは、当社がユーザに対して有する定期購読利用料に係る債権を、当社が当該クレジットカード会社に対して譲渡することについて、あらかじめ異議なく承諾するものとします。また、かかる場合、ユーザは、当社から当該クレジットカード会社に対して譲渡された債権に基づき、定期購読利用料相当額を、当該クレジットカード会社に対して支払うものとします。

(2)ユーザのクレジットカードに係るクレジットカード会社が加盟契約等において立替払方式を採用している場合、ユーザは、当社がユーザに対して有する定期購読利用料に係る債権に関し、当該クレジットカード会社が当社に対してユーザに代わって立替払いすることを、あらかじめ異議なく承諾するものとします。また、かかる場合、ユーザは、当該クレジットカード会社が立替払いしたことにより生じた、当該クレジットカード会社のユーザに対する債権に基づき、定期購読利用料相当額を、当該クレジットカード会社に対して支払うものとします。

第5条(ログイン)

1. 本サービスの利用にあたっては、ユーザが登録したメールアドレスおよびパスワード(以下「ログイン情報」といいます)が必要となります。ユーザは、ログイン情報の管理その他のアカウントの管理について一切の責任を負うものとし、当該ログイン情報または自己のアカウントを第三者に貸与、譲渡、名義変更、売買、質入れ等をし、または使用させてはなりません。当社は、ユーザにより登録がなされているログイン情報を使用した本サービスの利用があった場合、当該ユーザ本人による行為とみなすことができるものとし、ユーザは、自己によるものであるか否かを問わず、当該行為に関する一切の責任を負うものとします。

2. 当社は、本サービスにおいて、ユーザが利用中の、当社以外の運営者が提供する外部サービス(Facebook、Twitter、Google等)のアカウントを連携してログインできるサービス(以下「本ログインサービス」といいます)を提供する場合があります。

3. ユーザが本ログインサービスを利用する場合、ユーザ本人が外部サービスのアカウントの連携手続きを行わなければなりません。

4. ユーザが本ログインサービスを利用するにあたり、当社が外部サービスに登録されたユーザの情報を利用すること等についての許可を求められる場合があります。本ログインサービスは、ユーザがかかる内容を確認の上、許可した場合に限り、利用できるものとします。

5. ユーザは、本サービス内で、本ログインサービスを利用を停止することができます。

6. 当社は、本ログインサービスについて、ユーザへの事前通知なく、仕様の変更ならびに提供の中断および終了を行う場合があります。本ログインサービスの仕様の変更や提供の中断・終了に関し、当社が必要と判断した場合には、ユーザに対して電子メール等により通知等を行う場合があります。

7. ユーザは、外部サービスの利用においては、外部サービスが定める規約等に従い、自己の責任において利用するものとし、当社は、外部サービスの利用によりユーザに生じた損害その他の外部サービスに関連する一切の事項について、一切責任を負わないものとします。

第6条(本サービスの提供)

1. ユーザは、本サービスへのアクセスおよび本サービスの利用のために必要な全てのハードウェア、ソフトウェア、インターネット接続環境等の用意、保有および維持についての費用と責任を負担するものとします。

2. 本サービスにおけるコンテンツの閲覧体験や閲覧品質は、ユーザが使用するインターネット接続環境、端末等により異なる可能性があります。

3. 当社は、ユーザが本サービスをいつでも利用できるように合理的に努め、かつ、商業上合理的な注意および技術により本サービスを提供するものとします。なお、当社は、本サービスのメンテナンス、障害、事故、災害、その他の事情により当社が必要と合理的に判断した場合は、ユーザに事前に通知することなく、本サービスの提供を停止し、またはユーザによる本サービスの利用を制限する場合があります。

4. 当社は、法令、税制、経済情勢、社会情勢、本サービスの需要、当社の経営環境、その他、諸般の事情により当社が必要と判断する場合、あらかじめお客様に通知することなく(ただし、定期購読利用料の値上げ、その他、ユーザに重大な影響がある場合は事前に本サービス内等に告知して)、いつでも、本サービス(定期購読を含みます)の全部又は一部の内容を変更し、また、その提供を中止することができるものとします。なお、本項に基づき本サービスの全部又は一部の内容を変更した場合であっても、定期購読利用料をお⽀払いいただきます。

5. 本サービスにおいて、当社以外の第三者が提供するサービス、ウェブサイト等へのリンクが含まれる場合、当社は、当該リンク先の情報、内容、コンテンツ、サービス等およびユーザによるその利用に関して一切保証せず、ユーザに対して一切の責任を負いません。

第7条(解約等)

1. ユーザは、いつでも、本サービス内で、定期購読契約の解約を申出ることができます。定期購読利用料解約の申出が次回の課金時まで(以下「解約申出期限」といいます)に行われた場合、定期購読契約は、解約申出期限をもって終了します。

2. 当社は、ユーザが下記のいずれかに該当し、または該当するおそれがあると当社が判断した場合、ユーザに対して事前に通知することなく、当社の合理的な裁量により、直ちに定期購読契約を解約し、ユーザのアカウントを停止または削除し、定期購読利用料の支払いの受領を拒み、または本サービスの提供を制限または停止することができるものとします。

(1)ユーザが第2条第3項に基づく誓約事項に違反した場合、または第2条第5項各号のいずれかに該当することが判明した場合

(2)ユーザが定期購読利用料の支払いを遅延した場合(ユーザが指定したクレジットカードによって定期購読利用料の決済ができなかった場合を含みます)

(3)ユーザが本規約等に違反した場合

(4)その他当社がユーザによる本サービスの利用を不適当と判断した場合

3. 定期購読契約が解約その他の事由により終了した場合、ユーザが有料コンテンツを閲覧することはできなくなります。定期購読の解約後にユーザが定期購読の利用を希望する場合は、再度定期購読の申込みを行い、定期購読契約を締結する必要があります。

第8条(本規約の変更)

当社は、本規約を変更することがあります。本規約を変更する場合、当社は、変更内容に応じて適切な変更手続(事前にその旨および当該変更または追加の内容ならびにその効力発生時期をインターネットの利用その他の適切な方法により周知することを含みますがこれらに限られません)を実施します。なお、以下に定める場合、当社が変更内容および効力発生時期を適切な方法で周知することにより、ユーザは、変更後の本規約に同意したものとみなされます。

(1)ユーザ一般の利益に適合する場合

(2)本規約の目的に反せず、法令、税制、経済情勢、社会情勢、本サービスの需要、当社の経営環境、その他諸般の事情により変更の必要があり、変更後の内容が相当である場合

第9条(個人情報の利用およびメールマガジン)

1. 当社は、本サービスの提供にあたり、別途定めるプライバシーポリシーに則り、ユーザの個人情報を利用するものとします。

2. 当社は、ユーザが本サービスにおいて登録したユーザのメールアドレスに、当社からのおすすめコンテンツや最新情報に関する電子メールを配信することがあります。ユーザは、本規約への同意をもって、当社からかかる電子メールを受信すること、および、かかる電子メールの受信に関して発生する通信料をユーザが負担することに同意するものとします。なお、かかる電子メールは、ユーザが定期購読契約を解約した場合であっても継続して配信される場合があります。

3. ユーザは、当社に対し、前項に基づいて当社が配信する電子メールの全部または⼀部について、本サービス内で、配信の停⽌を求めることができます。

第10条(知的財産権)

1. 本サービスに関する著作権その他一切の知的財産権は、当社に帰属します。

2. 本サービスを通じて当社が提供する一切の情報(コンテンツを含みますが、これに限られません)に関する著作権および知的財産権は、当社または第三者に帰属します。

3. ユーザは、法令(著作権法を含みますが、これに限られません)および本規約等に基づき認められる範囲を超えて、当社および権利を有する第三者の許諾を得ずに、本サービスを通じて当社が提供する情報の翻訳、編集、改変その他の利用行為を行い、第三者に使用させ、または公開することはできません。

4. ユーザが本サービスを通じて当社に送信したコンテンツ(以下「ユーザコンテンツ」といいます)に関する著作権その他一切の知的財産権は、ユーザに帰属します。ユーザは、当社がユーザコンテンツを、本サービスの運営に必要な限度で利用することについて、あらかじめ承諾するものとします。

第11条(禁止事項)

ユーザは、本サービスの利用にあたり、以下の行為を行ってはならないこととします。

本規約等に違反する行為
・当社または第三者の著作権、その他の知的財産権、肖像権、プライバシー、名誉、その他の法令上または契約上の権利または利益を侵害する行為、またはそのおそれのある行為
・法令、公序良俗に反する行為、またはそのおそれのある行為
・他人の個人情報、登録情報、利用履歴情報などを、不正に収集、開示または提供する行為
・転売、営業、宣伝、広告、布教、勧誘、その他、他のユーザに商品、サービス等の購入や組織、団体等への加入を働きかけ、または当社が意図しない方法で本サービスに関連して経済的利益を得ようとする行為
・他のユーザまたは第三者に対する嫌がらせ、誹謗中傷、脅迫、ストーカー行為、その他、不利益を与える行為、またはそのおそれのある行為
・意図的に虚偽の情報を流布させる行為、当社、第三者または架空の人物になりすます行為、当社に対し不当な問い合わせまたは要求をする行為、その他、本サービスの運用または他のユーザによる本サービスの利用を妨げる行為、またはそのおそれのある行為
・当社または本サービスの信用、ブランド、イメージを毀損する行為、またはそのおそれのある行為
・本サービスを不正に使用し、または不法もしくは不正な目的で利用する行為、またはそのおそれのある行為
・当社のネットワークおよび本サービスを提供するにあたり使用しているインターネットサーバ(以下「対象設備」)に不正にアクセスし、または蓄積された情報を不正に書き換えもしくは消去する行為
・対象設備にウイルス等の有害なコンピュータプログラム等を送信する行為
・対象設備に必要以上の負荷をかける行為
・その他、当社が不適切と判断する行為

第12条(非保証・責任限定)

1. 当社は、本サービスに事実上又は法律上の瑕疵又は欠陥(安全性、信頼性、正確性、完全性、最新性、有効性、特定の目的への適合性、セキュリティなどに関する欠陥、エラーやバグ、権利侵害を含みます)がないことを明示的にも黙示的にも保証しておりません。

2. 何らかの理由により、当社がユーザに対し損害賠償責任を負う場合であっても、当社の損害賠償責任は、予見及び予見可能性の有無にかかわらず、ユーザが現実に被った直接かつ通常の損害についての責任に限られ、間接損害、特別損害、逸失利益について当社は責任を負わず、かつ、損害賠償の累計総額は責任の原因となる事由が発生した時からさかのぼって6か月間に当社がお客様から受領した定期購読利用料の総額を上限とします。ただし、本項の責任限定は、当社に故意又は重大な過失がある場合、その他、強行法規により責任の限定が認められない場合には適用されません。

第13条(譲渡)

1. 当社は、ユーザに対して通知することまたはユーザからの同意を得ることなく、本サービスに関する契約(定期購読契約を含みます。以下同じです)上の地位および/またはこれに基づく権利および義務を第三者に対して譲渡することができるものとします。

2. ユーザは、当社の事前の書面による承諾なく本サービスに関する契約上の地位またはこれに基づく権利および義務を第三者に対して譲渡することはできないものとします。

第14条(分離可能性)

本規約のいずれかの条項が適用法に基づき無効または違法となった場合であっても、その無効または違法は、いかなる意味でも本規約の他の条項に影響せず、その有効性を損なわせず、無効としないものとし、本規約の他の条項はすべて有効に維持されるものとします。

第15条(準拠法)

本規約の成立、効力、履行および解決に関しては、日本国の法令が適用されるものとします。

第16条(管轄裁判所)

本規約に関し紛争が生じた場合は、東京地方裁判所または東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。